本を読みたくない……

  • 2010/09/30(木) 12:39:29

あれほど本好きの私が、本を買うところまでは行くのだけど、その買った本などをどうしても読む気がしない。理由はわからないが、何か頭がもやもやしているのと、語学の勉強に追われている感がするのと、大体その二つが考えられる。

それに日野市は図書館における本の貸し出し制限が30冊と、よその町に比べて異常に多い。それも私が日野に来る少し前に制限されたもので、以前は冊数制限がなかったらしい(多摩市は市民に限り、今でも冊数制限がないそうだ)。それに加えて八王子市10冊、多摩市10冊、府中市5冊、調布市5冊と、合わせるととんでもない冊数を借りられるので、その権利を全部行使しているわけではないが、それでも合わせて30冊以上は借りていることは間違いない。

加えて、以前の書斎環境を復活させるべくamazon.co.jpの中古本・BOOKOFF・ブックセンターいとうあたりで大量の中古本を購入している。普通の失業者はこのお金をパチンコや三競オートに投入しているのだろうか。買い始めのころは熱心に読んでいたものだが、東京外大のセミナーあたりを境にその読書欲が薄れてしまったような気がする。とすれば犯人は、語学学習か読書か、それを区別しようとしている私ではないか。

だから、前のこのブログにもエントリーしたが、うまく時間割を作って学習の時間と読書の時間を分ければいいのではないか。とはいえ、最近はどちらもせずにいすに座ってボケッとしている時間帯が多く、語学学習の意欲さえ薄れているという悲しい事実がある。

そういえば、そのころから再び抗うつ薬を飲むようになったよな。普通の抗うつ薬は、極端に言えば躁状態にするための薬なので、やる気が出てくるものなのだが、今の主治医はそれを知ってか、副作用止めの薬を与えている。まぁそのおかげで貧乏ゆすり系の副作用は止まるのだが、もしかしたらそれのおかげでやる気まで止められてしまったのかもしれない。

といってもやる気のなさは、私の生来の性格で、ムチでたたかれる系の恐怖がないと満足にやるべきこともしないタイプだから、そこに原因を求めてもいいかもしれない。さあ、実はどれが原因なのでしょうかね。実は単なる金欠病の作用だったりして。