外出先で無線LANを使う時の料金に関する件

  • 2010/09/24(金) 17:19:58

私はYカメラでワイヤレスゲート+(ソフトバンクの)BBポイントに加入した。加入した当初は自宅にインターネットの回線が入っていなかったので、近くにある市立中央図書館でインターネットを閲覧するつもりだったのである。あとは、もう少し遠いけれど、豊田駅北口にマクドがあって、そこはBBポイントが入っているだけではなく、コンセントもついているので、24時間好きなだけ(さすがに24時間は体力の限界を超すけれど)無線LANによるインターネットが使えるのである。

とはいえ、いつまでもネットジプシー生活を送るわけにもいかず、自分のアパートで高速インターネットを引けるのはどこか探したのだが、共同住宅なので勝手に光回線を引き込むことはできないし、ADSLだとどうも基地局から4キロくらい離れているので、引いても高速回線の意味がない。と、頭を抱えていたところに現れたのがケーブルテレビ(CATV)である。最近のケーブルテレビはインターネットプロバイダーを兼業しているところが多く、我が町のJCNもそうであった。

料金は三段階あって、一番高いプランだと光回線より早い(ただしベストエフォート)のだが、その分料金もベストプライスで、かといって一番安いプランだとADSL並みなので、中間のプランを選んだ。

これでネットジプシー生活からおさらばというわけで、パソコン抱えて図書館やらマクドナルドやらに通う生活とはおさらばになった。しかし何かの時に備えてか、パソコンを持ち歩いて旅行する時のことを考えてワイヤレスゲート+BBポイントの契約は解除せずに置いておいた。

しかし自分でもそのことを忘れていて、サービスには当然料金がかかることをうっかりしていたので、ワイヤレスゲートの方はNTTから請求書が来てそれ通りにお金をコンビニで納めればいいのだが、BBポイントの方はトリプレットゲートという会社が代行して料金を預かっていることは全然眼中になかった。どうも今までは20日ごろまで700円以上の余分のお金が銀行口座に入っていたので、気づかずに引き落とされていたのだが、今月は15日くらいの時点で、月末に引き落とされるCATVとケータイの料金だけを残しておいた。それで今日銀行の残金をネットで調べたら、そのBBポイントの分の料金が21日付で引き落とされていた、というわけである。

まぁまだ最後の手段はあるので、NTT DoCoMoに頭を下げて延納をお願いする必要もないのだが、しかしヘマをしたという点では変わらない。

ただ「障害報告」とはいえ、今回の件でワイヤレスゲートの料金はもちろん、BBポイントの料金も支払われていたことが判明したので助かったといえば助かった。あとは、二台目のモバイルに適した無線LANつきのノーパソを買えば、どんどん外出しながらパソコンがいじれるというわけで、その機会をうかがっている。うまくいけばクリスマスプレゼント的な時期に購入できるかもしれない。買うとすれば中古のLet's note(今なら4シリーズか5シリーズが結構出回っている)になるだろう。

注:現在では人や民族として「ジプシー」と表現することは差別用語として排除されている。しかしここではロマ自体を貶めることを目的としたわけではないので、どうか「ジプシー」の表現を許して欲しい。