Korean Writer7

  • 2010/09/16(木) 18:14:49

お金がない〜、なんて「お金」というものが発明されてからこの方、全人類が最低でも一度は思ったことがあること(夭折した人は別として)でしょう。例え鳩山由紀夫前首相であってもそうです。よく独自の「子ども手当」が話題になりましたが、民主制の政治に膨大なお金がかかることを考えたら、あの金額でもカツカツだったかもしれません。

しかしここではそんなに大きな話ではなくて、JPY20Kのレベルという、政治資金なんぞと一緒にするな、という話です。

今日のダイレクトメールで、高電社さんから10月1日に"Korean Writer7"という韓国語入力(&限定的翻訳機能付き)ソフトが発売されることがわかりました。実は最近まで"Korean Writer6"というXPレベルのソフトの販売を続けていたので、私はてっきり「高電社さんは、最近のOSのレベルを見て、韓国語入力ソフトの開発から撤退する気だな」と誤解していたのですが、これでその誤解をあっさり打破することになります。実際ハングルを入力するだけならMS社版のIME(あれはIMEとは違うような気がする)で十分なわけですし。付加機能に下記のお金を出せるか、という問題があります。

気になるお値段が、スタンダード版JPY26,040、学習プレミアム版JPY31,290、です(もちろん店頭やネットショップではもっと安くなるのでしょうが)。現在のところアカデミック版の価格は出ておりません。

速攻で購入したいのですが、手当で暮らしている人間がそんな大金を急に出せるわけもなく、指をくわえてみているだけです。まぁいつかは買えると思いますが……