障害の克服法 その一

  • 2010/10/02(土) 17:30:00

今日は障害報告ではなく、障害の克服法について少し考える。

昨日医者に行って「勉強する気も本を読む気もなくなった」と言ったら、「お金は掛かるが旅行したらどうか」という答えが返ってきた。旅行ができる状況ならこっちから考えたいが、首都圏を出る旅は金銭的事情などで不可能である。特に今はSuicaにはいくばくかのお金が入っているが、手持ちの現金がゼロに近くて、幼稚園児のごとく電車に乗って「ワーイ」と言うような(もちろん私はそんなこと口に出さないよ)ことしかできないのが悲しい。手当が出るのが5日なのでもうすぐだが、肝心の土日はカネなしで過ごさねばならない。

しかし、昨日は日野市→(京王線)→K-8駅→図書館→医者・薬局→J-8駅(JR八王子駅)→立川→帰宅と動いて、最初は図書館では本を返すだけのつもりだった。しかしどうしても読みたかった日本の「言語戦略」を考えるという趣旨の本を病院や薬局で順番待ちをしている時、電車に乗っている時、そして立川の喫茶店(よく入れたなという声が上がりそうだが、Tポイントカードに残ポイントがあって、それを利用した)でカフェラテをすすりながら読みふけり、という間に帰宅後も読み続け、結局一日で読み切ってしまった。もちろん読み慣れた学者のいつもの説+α程度のことしか書いていなかったから速読できたのは大きいが、自分の居場所を時々移すとやる気が復活するのかもしれない。

ただこの場合の問題点は、外の電車や店の中では自宅と同じ環境を再現することは不可能である、ということである。現在所有しているノートパソコンはモバイル仕様ではないので(その分高性能だが)、もちろん持ち歩きはしづらい(コンセントと無線LANがあることがわかる場所なら、重いが持ち運べる重さなので、そういう時は持参することがある)。私が丸一日インターネットから離れると禁断症状になりそうなので、あまりやりたくないのである。

それでも今度の手当が入ったら、少しは旅行レベルの移動をしてみるのも面白いかもしれない。もちろん金銭的にはきついが一考の余地はあるであろう。

復習が苦手(3分でダウン)

  • 2010/08/27(金) 10:57:54

実はこの記事は、このブログが名称を「障害報告@DTIblog」と変更してから初めてのエントリーである。反省するだけなら猿でもできる、とばかりに反省ばかりしていたので、何を公にさらす「反省」事項とすべきなのか悩んでいたことは確かである。

ここ数日、私の十を超えるブログの中で、"Polyglot Blog"に記事をアップしたいと思っているのだが、なにしろ私は学校で授業を受けた後に復習をするという習慣がなく、おまけに東京外国語大学(@府中市)から帰宅して晩飯を食べたりお茶したり駄本を読んだりするうちに睡魔が襲ってきて、結局布団の中に入ってしまい、起きてみると朝の5時だったり8時だったりしてしまう。いつもならインターネットの見過ぎで時間がたつのを忘れてしまうが、やはり夕方とはいえ、決まった時間に予定が入っているのは規則的な生活を送る上で大事なことのようだ。最もそれまでは典型的な夜型人間だったのが、東京外国語大学の語学講座が始まると急に朝型の生活になって、夜もいつもより早く眠気が襲ってきたのかがよくわからない。平山城址公園⇔東京外国語大学の往復行動がアラフォー(男の場合はあまりアラフォーとは言わないと思うが)の私にとっては意外に体力的にしんどいのかもしれない。

今日は比較的キーボードの滑りがよくて、いくつかのブログの更新と部分的改良が進行しているが、『ふるさと(静岡市清水区)は遠くにありて想うもの』や"Polyglot Blog"、"Southern Tama Post"『高橋和司 戦略 blog』あたりは全然更新のメドが立たない。ちなみに"Pacifist Blog"については、平和学は戦略学派国際政治学の学徒である私にとって門外漢に近いので、最初の(実は2つめの)記事では文献目録「のようなもの」を作成しようかと考えている。

そういえば今日は東京外国語大学のロシア語講座最終日で、授業終了後に打ち上げ会が開催されることになっている。会費が1500円と格安なので、それほどアルコールは出てこないだろうが、あまりアルコールに強くない私としては、ちょっと酒が入ったらブログの記事を書くほどの脳みその集中度を発揮するのは難しいであろう。

何度目かは解りませんが……

  • 2009/12/05(土) 03:28:06

何個目かは忘れましたが、また新たにブログを始めます。関心内容が広く浅くなので、単一のテーマをひたすら続けている人気ブロガーにはなれませんが、そこはそこで、エントリーのうちのいくつかでも世の中で話題になってくれればいいな、という願望というよりは妄想を抱いて始めます。でもすぐに更新されなくなると思いますので、期待しないで見守っていて下さいね。